東京にも、僕たちの愛媛がある

東京にも、僕たちの愛媛がある

東京にも、僕たちの愛媛がある

東京にも、僕たちの愛媛がある

南豫明倫館は、明治時代に学問を学ぶための寄宿舎として、伊達宇和島藩が
屋敷を提供したことがはじまりです。
現在はJR中央線 武蔵小金井駅のほど近くにあり、都心へのアクセスがよく、愛媛の歴史、郷土愛に育まれる奨学施設として、在京の地方出身の学生たちをサポートしています。

歴史ある
奨学施設
南豫明倫館の歴史は明治16年に始まり、約180年の歴史を持つ由緒ある奨学施設・学生寮です。
卒寮生は
1,300名以上
卒寮生は現在、1,300名以上にのぼります。
南豫明倫館での寮生との交流は一生の宝。卒寮後も、人とのつながりが大きな財産になることでしょう。
数々の
著名人
穂積陳重(法学者)、松浦鎮次郎(元文部大臣)、中野逍遥(詩人)など、数々の政治家、経済人、文化人に支えられ南豫明倫館の今があります。
(詳しくはPDFをご参照ください)

恵まれた周辺環境

武蔵小金井駅から徒歩8分
JR中央線沿いにあり、交通の便がよく、新宿や渋谷など都心へのアクセスも良好です。
買い物にも便利
スーパーや商店街が近くにあるので、日用品などの買い物にも困りません。
自然豊かな公園
閑静な住宅街にあり、自然豊かな環境なのでリフレッシュに最適です。

南豫明倫館 4つの特長

月額55,000円
経済的
寮費は、2食付きで月額¥55,000。毎月の支出を抑えることができます。
※電気料金は個室での利用に応じて自己負担。
おいしい食事
朝夕2食付き
朝夕ともに、平日はバランスがとれた食事をご提供します。夜はステーキ、カレーなど名物料理も多数。
Wi-Fi完備
設備充実
全個室(10㎡)、家具付きです。大浴場、洗濯機、トレーニングルーム有り。エアコン・Wi-Fi完備。
※Wi-Fi接続は無料です。
同郷の仲間がいる
安心
寮内では方言が飛び交い、まるで地元にいるかのような安心感。同郷の仲間と打ち解けやすい環境です。
月額55,000円で経済的
所要経費
月額55,000円 寮費・朝夕2食付き※日曜・祝日・年末年始・お盆期間は除く。

入寮金(入寮時のみ)100,000円

電気料金個室での使用量に応じて自己負担。インターネットWi-Fi接続無料

※途中退寮の場合でも入寮金の返金はありません。
※中途入寮者の入寮金については別途お問い合わせください。
入寮の
決め手
多くの方が経済面を重視して、明倫館を選んでいます!
※令和3年「在寮生アンケート」より
おいしい朝夕2食付き
平日は、栄養バランスを考えた朝夕の食事が付きます。バイキング形式の朝食は寮生からも根強い人気。
夕食の献立は月ごとに掲示されます。

※日曜・祝日・年末年始・お盆期間は除きます。
在寮生の声

思っていた以上においしくて安心しました。

朝食も夕食もボリュームがあるので満足!

バリエーションが多く、おいしい。ご飯もおかわりができて、非常にありがたいです。

※令和3年「在寮生アンケート」より
寮生の好きなメニューベスト3
1位 ステーキ
2位 ビーフシチュー
3位 ハンバーグ / カレーライス
※令和3年「在寮生アンケート」より
充実した設備
寮生の個室は家具付き
専用個室面積約10㎡(約6畳)、家具、エアコン付き。
Wi-Fi接続無料。大浴場(シャワー設備あり)、洗濯コーナー(洗濯機4台)のほか、トレーニング器具などを備えた約45㎡の広間は、いつでも自由に利用できます。
在寮生の声

お風呂がかなり大きく、とても重宝しています。

ピアノが置いてあるのが、個人的には嬉しいです。

卓球などのレクリエーションを通じて、他の寮生と打ち解けることができました。

※令和3年「在寮生アンケート」より
寮生が一度に食事できる食堂。憩いの場としても利用できます。
※新型コロナウィルス感染症対策として、アルコール消毒、アクリル板の設置などを行っています。
東棟側、西棟側の両方に脱衣室があり、広々とした大浴場(シャワー完備)。
卓球台やトレーニング器具などが置かれた広間。
富士山を一望できる見晴らしの良いバルコニー。
※新型コロナウィルス感染症対策として、アルコール消毒、アクリル板の設置などを行っています。
同郷の仲間がいる安心
入寮前は「うまく寮に溶け込めるだろうか」と不安を抱える方も少なくありませんが、仲間と共同生活を送る中で、自然と絆が生まれてきます。寮生同士が対話しながら、お互いに過ごしやすい環境を作り上げていく風土があります。
在寮生の声

寮に帰ると聞こえてくる伊予弁や宇和島弁が温もりを感じます。

さまざまな土地の出身の先輩や同級生と関わることができます。

冬になると、愛媛出身の寮生の実家から送られてくるみかんで溢れています。

※令和3年「在寮生アンケート」より
年間行事
4月 新入寮生歓迎会
11月 寮祭
1月 餅つき大会
2月 卒寮生壮行会

南豫明倫館へようこそ!

理事長ご挨拶

伊達 宗信

南豫明倫館は明治16年に宇和島伊達藩の「明倫館」を源流として、昭和27年に「財団法人 南豫奨学会」が設立され、翌年、目黒区に「南豫明倫館」を建設、その後、小金井市に移転し、現在に至っております。明治以来、巣立った寮生は約1,300名となっております。

愛媛から上京し、学生生活を送ることは不安な面もございますが、「公益財団法人 南豫奨学会」では安心して快適な生活を送れるよう南豫明倫館を運営しております。

立地としては東京郊外の交通の便も良く、自然豊かな環境の場所にあり、このような場で同郷の友と交流を深め貴重な学生生活を送っていただくことは、その後の人生においても大きな財産となるものと確信しているところであります。

南豫奨学会では今後も国や郷土の発展を担う人材の育成に努めてまいりたいと思いますので、引き続きご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

理事長 伊達 宗信

在寮生の声

いろんな学校に友達を作ることができて、世界が広がりました。

ひとりの時間がちゃんと確保できる寮なので安心しました。

電車に約10分乗れば、吉祥寺や立川に到着。渋谷や新宿にも約30分で行けるので、とても便利です。

自主性を重んじてくれるので、学生生活を心から楽しめています。

一晩中語り明かせるような生涯の友達ができるとは思っていませんでした。

手足を思いきり伸ばして入浴できるお風呂は、本当に疲れが取れます。

※令和3年「在寮生アンケート」より

近年の入寮実績

所属大学(50音順)
国立大学
東京海洋大学、東京学芸大学、東京大学、東京農工大学、一橋大学
私立大学
青山学院大学、学習院大学、慶応大学、上智大学、東京理科大学、日本大学、法政大学、明治大学、早稲田大学
出身高校(50音順)
県立高校
宇和島東、宇和島南中等、松山西中等、松山東、八幡浜
私立高校
愛光、済美、新田、新田青雲中等、平成済美

よくあるご質問

インターネット環境はどうなっていますか?
各部屋に有線LANケーブルがあり、業務用ルータを介してインターネットにつながります。Wi-Fiの接続も可能です。
うまく寮に溶け込めるか、友人関係が築けるかどうか不安なのですが。
愛媛という共通の故郷を持つことで盛り上がることができますし、出身校や大学が違うメンバーといっしょに生活することにより、先輩から大学生活や東京での暮らし方について貴重なアドバイスをもらえる環境です。
寮と聞くと、上下関係や規則が厳しいというイメージがありますが、実際はどうですか?
寮での生活には、共同生活をしていく上でのルールが存在します。しかし管理人である館長が常駐しており、希望があれば様々な相談に乗ってくれます。また、寮には先輩も多く在籍していますが、今まで目上の人とのコミュニケーションを経験したことがない人にとって、礼儀をわきまえた距離の測り方などは社会に出てもきっと役立つはずです。​
寮生の交流はどのくらいありますか。
朝食や夕食時に談話時間がありますし、全寮生が参加する行事として、4月の新入生歓迎会、秋の寮祭、年始の餅つき大会、2月の卒寮生壮行会が予定されており、それぞれの場で親睦を深めることができます。
寮内の洗濯や掃除はどのように行うのですか?
寮には無料の洗濯機4台が設置されており、いつでも自由に使用することができます。また屋上やベランダには洗濯物を干すための設備が整っています。掃除について寮生の部屋は個別で行います。廊下、階段、トイレ等の共用箇所については、当番制でお願いしています。
防犯設備や新型コロナウイルス対策はどうなっていますか?
防犯設備の面では館内に防犯カメラが設置されています。新型コロナウイルス対策については随所にアルコール消毒液や食堂にはアクリル板を設置し、安全安心に努めています。

年間の主な行事

令和3年(予定)
12月18日(土) 第1回新入寮生面接(宇和島)

令和4年(予定)
1月23日(日) 餅つき大会
2月20日(日) 卒寮生壮行会
3月12日(土) 第2回新入寮生書類選考(東京)★
3月19日(土) 第2回新入寮生面接選考(宇和島)★
3月20日(日) 第2回新入寮生面接選考(松山)★
3月下旬   令和4年度新入寮生が入寮

※日程は変更になる可能性があります。
※★印は南豫明倫館の事務サイドの行事です。(在寮生とは直接関係ありません)
※寮生対象の行事については、できるだけ寮生の参加をお願いします。

奨学金支援会・OB会の活動

●奨学金支援会
南豫奨学会は、奨学育英と学生寮の設置経営や文化施設の維持を行うことを目的として設立されました。特に経済的困難な学生に支援を行うために、ご賛同いただく方々を広く募集しています。

奨学金支援会 

●OB会
南豫明倫館OB会は、松山、宇和島、東京にあります。OB同士の交流だけではなく、さまざまなイベントで寮生との親交を深めたりと、南豫明倫館に寄与する活動を行っています。

交通アクセス



南豫明倫館への交通のご案内です。


JR中央線 武蔵小金井駅 下車 徒歩 約8分

東京駅や新宿駅より『南豫明倫館』へお越しの際は、JR中央線快速電車を利用し「武蔵小金井」駅で降りてください。
所要時間は、東京駅より40分、新宿駅より 26分。


なお、特別快速電車を利用する場合は、三鷹駅で各駅停車に乗り換えてください。


主要大学までの所要時間 PDF



お申込みから入寮までの流れ

応募

必要書類を揃えてご提出ください。

書類選考

速やかに合否を判定し、合格者には面接の場所・時間を通知します。

面接

指定された日時・会場にて面接を行います(県外在住等の理由で対応困難な場合は、個別に相談に応じます)。

合格通知

速やかに合否を判定します。

入寮

所定の手続きののち、3月から入寮していただけます。
詳しくは「入寮希望の方へ」をご覧ください。

入寮経費

入寮金 100,000円(入寮時納入。返却しません)
※中途入寮者の入寮金については別途お問い合わせください。
月寮費 55,000円 朝夕 2 食付き(日曜、祝日を除く)
電気料金 個室での使用量に応じて個人負担。インターネットWi-fi接続無料
奨学金 入寮後、経済的困窮者若干名に対し、選考の上、奨学金(月額5万円)を貸与することがあります。

主要大学までの通学時間一覧

明倫館ギャラリー

お問い合わせ

南豫明倫館
〒184-0012
東京都小金井市中町 4丁目18番26号
FAX042-383-9879
ツイート
お問い合わせ
MENU